読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From Hachioji with Love

Movie/Anime/Sports/Jazz/Podcast

再現性の高い『面白いプレゼンの作り方』

Bussiness

1.はじめに

 職種によって異なりますが、大学生やサラリーマンには、プレゼンをする機会が山ほどあるかと思います。そして、たかがその結果如何が、学生やサラリーマンとしての評価を大いに左右したりもします。

 趣味や自己満足のレベルでやるならまだしも、そういう環境に身を置かれている方であればきっと「より良いプレゼンがしたい!」と思われているのではないでしょうか。

 ここでは「より良いプレゼン」を「より人を惹き付ける」、さらには「より楽しませる/より好奇心を抱かせることで、人を惹き付けるプレゼン」と解釈したうえで、その作り方を、誰にでも再現できるようなハウツーとしてご紹介したいと思います。

 

2.「面白い」とは

 再現性の高いハウツーとするべく、言葉の意味をWikipediaから引用し、より具体的に解釈します。

楽しい:危険に結びつかない驚きを感じること
好奇心:恐怖や怒りに転化しない驚きを感じること

また、両者に共通するワードである「驚き」については以下の通り

驚き:動物が、予期しない事象を体験したときに起こる、瞬間的な感情。

 つまり、これらをまとめると、「人を楽しませるプレゼン」とは、「危険に結びつかず、予期されない事象を体験させることができるプレゼン」であり、「好奇心を抱かせるプレゼン」とは、「恐怖や怒りに転化しないような、予期されない事象を体験させることができるプレゼン」だと言い換える事が出来ます。

 

3.プレゼンのスキームについて

 さて、本題の「面白いプレゼンの作り方」について触れたいと思います。スキームについては、以下の通りになります。

①リサーチ

 「面白さ」を提供したいと思うのであれば、すなわち前提として「驚き」を提供しなければなりません。(驚きという円の中に面白さという円が含まれたベン図を創造してください。)

 「驚き」とは、前述したように「予期しない事象の体験」で発生する訳ですから、まずは『対象が予期している事』を想定すれば良いわけです。つまり、始めにやらなければいけないことは「対象の考えていそうな事調査」になるわけです。

 ここでは『アメトーーク大谷翔平すごいぞ芸人」』を例として紹介します。


_________________________________________

例)アメトーーク大谷翔平すごいぞ芸人」

『対象』
When:「平日0時頃」に
Where:「日本国内在住」の
How:「テレビ番組」という手段で接触できる
Who:アメトーーク視聴者層(若年〜中年までの男女だと予想される)

 彼らは「大谷翔平という存在を認識している一方で、彼について「すごい野球選手」という程度の認識しか無い人が多いと考えられる。(実際にはアンケートや既存の統計データで裏付けをとっていると思います。)

 つまり「大谷翔平の具体的なすごさ」について、「視聴者(対象)が予期している以上の情報」を与えることで、「驚き」を与える事が出来ると考えられる。

_________________________________________

 こんな具合に、まずは対象をもとに、提供すべき「驚き」が想定できます。もちろん、危険・恐怖・怒りを与えないよう留意することもお忘れなく。

 

②枠組みに当てはめる

 提供すべき「驚き」が想定できたら、あとは、それを通して「納得させたい」のか「説得したい」のかによって、2つの枠組みのいずれかに当てはめれば、面白いプレゼンの大枠が完成します。

 

A)説得したい→演繹法

 もし、説得したいと考えるのであれば、「演繹法」を用いるべきです。

演繹法:一般的・普遍的な前提から、より個別的・特殊的な結論を得る論理的推論の方法

人間は皆死ぬ(大前提)
徳川家康は人間である(小前提)

徳川家康は死ぬ」といった具合です。いわゆる三段論法ってやつですね。プレゼンの長さに応じて、大前提・小前提に説明や具体例、裏付けなんかを付けることで肉付けができます。

 

B)納得させたい→帰納法

 もし、納得させたいと考えるのであれば、「帰納法」を用いるべきです。

帰納法:個別的・特殊的な事例から一般的・普遍的な規則・法則を見いだそうとする論理的推論

リンカーンは死んだ
坂本龍馬は死んだ
・マイケルジャクソンは死んだ

「人間は皆死ぬ」といった具合です。こちらも、プレゼンの長さに応じて、大前提・小前提に説明や具体例、裏付けなんかを付けることで肉付けができます。

 ちなみに上記の「大谷翔平すごいぞ芸人」では、こちらの帰納法を採用していますので、こちらも例として紹介します。

_________________________________________

例)アメトーーク大谷翔平すごいぞ芸人」

①「ピッチングがすごい」
 →裏付け
②「バッティングがすごい」
 →裏付け
③「走っても守ってもすごい」
 →裏付け
④「人間性がすごい」
 →裏付け
  →裏付けの裏付け

つまり「大谷翔平はすごい!」
_________________________________________

 

③伝わるプレゼンにする

 最後に形を整えれば、晴れてプレゼンの完成です!...が、これについては他の書籍やブログを参考にされる事をおすすめします。ここまで文章を書いてきて、さすがに飽きが来たというのもありますが、自分以上に場数を踏み、表現力に自信のある方は、もっと沢山いると思いますので...笑

 ちなみに筆者のおすすめは、「スピーチ世界チャンプの魅惑のプレゼン術|ジェレミー・ドノバン」です。(プレゼン本はこれしか読んだ事が無いんですけどね...)アフィだの乞食だの言われるのは癪なので、ご自身でググってみてください。笑いの取り方の項は、しっかりと笑いが科学されているので、プレゼンの度に参考にしています。 

 

_________________________________________

 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。もしこの記事が、日々戦うサラリーマンや大学生の一助となっていれば幸いです。プレゼン指導をさせていただく機会を頂いたので、もののついでに記事として書き起こしてみましたが、いかがでしたでしょうか?気づけば最後の更新から一ヶ月以上経過していたので、あわてて更新した次第です...笑

 今後の記事をお見逃しのないよう、読者登録頂けると嬉しいです。さらに欲を言えば、SNSでのシェアやコメントなど頂けると励みになります。

 では、次回の記事でお会いしましょう。

(  ◉ᴗ◉ )_┳※・・・・・・・・・・・